Skip to main content

アラン・ハット旧蔵 世界労働運動史コレクション: Home

アラン・ハットについて

アラン・ハット (G. Allen Hutt ; 1901-1973) はイギリス共産党系の労働運動史家

コレクションについて

 イギリス並びに英ソ関係を中心とした世界労働運動史の一大コレクションである本コレクションは、登録上1,009点を数える。しかし、50点近くの雑誌の各巻号数、草稿類の各点数、そして図書に挿入あるいは貼付された新聞記事類を逐一数えあげれば、優にその倍を越えるものとなっている。コレクションの中身は、おおよそ以下の5つに分けられる。

1)書籍・小冊子類 2)雑誌 3)草稿・切抜類 4)その他(辞書、文法書、読本等) 5)楽譜。

 言語は英語が大半を占め、フランス語とロシア語がそれに続く。その他、ドイツ語、スペイン語があり、更に東欧諸語も散見する。各文献の価値もさることながら、「イギリス労働運動史」(1941)などの著書で著名なイギリス共産党系の労働運動史家アラン・ハット(1901~1973)一個人の意志によって本コレクションが系統的に集められたことが、付加価値を高めている。

 たとえば、図書への書き込みや読書メモも多く、当該図書への書評や関連記事などが挿入あるいは貼付されたりしている。もちろんハット自身の手になる書評もそうで、中には、著者もしくはハットによる当該図書に関わる書簡も挿入されている。その上、本コレクションの希少価値を高めさせているのは、運動の渦中にあった者以外では入手困難なビラ類、更には未刊行の自筆文書など、得難い原資料が含まれることである。

収録資料は宮崎大学附属図書館蔵書検索システム(OPAC)で検索することができます。

コレクション一覧

関連資料

パスファインダー情報

作成日:2016年6月15日

関連するパスファインダー