Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

テレジン強制収容所に残された子どもの絵画: ブックガイド

はじめに

第二次世界大戦時、 チェコロテレジンのユダヤ人強制収容所に15,000人の子どもたちがいました。
そこでは、 ユダヤ人画家フリ ードル等が絵の指導を通して子どもたちを励まし続けていたのです。
1945年 、 収容所が解放された時、既に命を絶たれた子どもたちが描いた4,000枚 の絵が残されていました。
テレジン強制収容所に残された絵画についてもっと詳しく知り、「命」について考えるための資料を紹介します。

ホロコースト

教科書に載ったテレジンの絵

ホロコーストを扱った文学作品

パスファインダー情報

平成27年10月に宮崎学園図書館で開催される「テレジン強制収容所に残された子どもの絵画」展に関する資料です

■期 間 :平成27年 10月 20日 (火 )~ 10月 29日 (木) 
■時 間:8:30~ 18:30 ※ 10月 24日・25日(9:00~ 15:00)
■場 所:宮崎学園図書館1階東側
■内 容:テレジン写真パネル32枚、宮崎学園図書館所蔵の関連資料
■主催:宮 崎学園図書館
■協力:宮崎大学附属図書館
■展示資料提供:埼玉県平和資料館