Skip to Main Content

電子ブック利用方法: OPAC検索 (内容別一覧)

宮崎大学で利用できる電子ブックサービスの利用方法

電子ブックの一覧をOPACで内容別に出力する方法


OPAC検索の前提

OPAC検索では、所蔵している電子ブックだけを一覧で表示することはできません。電子ブックを検索するときは「簡易検索」から「詳細検索」モードに変更して「所蔵館」や「資料形態」という項目で「電子ブック」を指定するのですが、これらの項目は「二次検索項目」といって単独で検索することができないからです (OPACでは二次検索項目の先頭にはアスタリスク(*)マークが付与されています)。

「二次検索項目」は「キーワード」「タイトル」「著者名」などの「一次検索項目」と組み合わせて検索する必要があります。

請求記号と組み合わせて検索する

ただ「一次検索項目」には「請求記号」という項目があり、1ケタ目からでも前方一致検索ができます。
これにより、日本十進分類法の「0: 総記」~「9: 文学」という内容別であれば電子ブックの一覧を表示することができます。

請求記号は本の内容を000~999で表したものです (主題によっては小数点以下の数字でさらに細分化することもあります)。本の背表紙にラベルを貼って棚に並べることにより類似の内容を近くに置くことができます。検索の際は1ケタ目の前方一致検索によって大きな区分での検索もできれば、2ケタ3ケタ目までを入力して細分化した内容で検索することもできます。

例えば請求記号の欄で「4*」と指定すると「自然科学」、「46*」なら「生物科学」、「464*」なら「生化学」という内容で検索を行います。

医学・看護系の電子ブックの場合

医学・看護系の場合は「Q: 基礎医学」「W: 医学および関連主題」「WY: 看護学」等の内容別で電子ブックの一覧を出すことができます。
※日本十進分類法の「49: 医学」に分類されていることもあるため「請求記号: 49*」でも検索してみてください。


「所蔵館: 電子ブック」と「資料形態: 電子ブック」で検索した場合の違い

2023年7月中旬の時点で「所蔵館: 電子ブック」+「請求記号: 4*」で検索した場合、検索結果は2,815件です。
「資料形態: 電子ブック」+「請求記号: 4*」で検索した場合、検索結果は2,771件です。

「所蔵館: 電子ブック」で検索した場合

これまで購入した様々な電子ブックがヒットします。
具体的には「丸善eBook」「Kinoden」「NetLibrary」「Ebrary」「メディカルオンライン」「その他」などです。

「資料形態: 電子ブック」で検索した場合

最近購入している「丸善eBook」「Kinoden」のみがヒットします。


検索結果一覧の保存

書誌検索結果一覧は、印刷したりデータとして保存することができます。

まず、印刷または保存したいデータの左側にチェックを入れます。

  • 「印刷」を選ぶとプリンターで印刷したりPDF化することができます(1度に100件まで)。
  • 「出力」を選ぶとテキスト(タブ区切り)形式でメモ帳などにデータを保存します(後でExcelで開いて表に加工できます)。
  • 「メール」を選ぶとMID認証で設定しているメールアドレスにテキストファイルを添付して送信します。
  • 「文献管理」を選ぶと文献管理ソフト「EndNote basic」か「RefWorks」にデータをエクスポートできます。

パスファインダー情報

対象:宮崎大学教職員・学生

公開日:2016年1月

作成者:宮崎大学附属図書館職員

OPAC検索(内容別一覧)のページ情報

作成日:2023年6月27日
※最終更新日はページ末尾に表示

OPAC等の検索結果は全て作成日時点のものです。

電子ブックの内容別ヒット件数

「所蔵館: 電子ブック」で次の請求記号で検索した場合

  • 総記「0*」94件
  • 哲学・宗教「1*」70件
  • 歴史・地理「2*」83件
  • 社会科学「3*」323件
  • 自然科学「4*」2,804件
  • 技術・家庭・工業「5*」47件
  • 産業「6*」47件
  • 芸術・体育「7*」41件
  • 言語「8*」544件
  • 文学「9*」87件
  • 基礎医学「Q*」28件
  • 医学および関連主題「W*」210件
    そのうちの看護学「WY*」65件

※2023年11月21日時点

ページ見出し

 Home  / OPAC検索( 絞り込み  / 内容別一覧 )  / 利用方法  / リクエスト  / リモートアクセス